女性の薄毛専用育毛剤が売れてる理由

育毛剤は性別に合ったものを

性別が記載されていない育毛剤は男性用だと考えていいでしょう。
重症の薄毛になるのは9割以上が男性であり、女性の場合はびまん性と呼ばれる比較的軽度な症状となります。
男性用を使用した場合、刺激が強くて炎症を起こしたり、かゆみを招くことがあります。
炎症から敏感肌になり、抜け毛を増やしてしまうケースもあるので注意しましょう。
発毛剤も男女別に用意されているように、頭皮ケア用品は性別に合ったものを使用する必要があります。
男性は脂性肌の割合が高く、女性は敏感肌・乾燥肌の割合が高いのが特徴です。
肌状態が変われば、使用する頭皮ケア用品も変えなくてはいけません。

シャンプーも女性用を使おう

頭皮ケアアイテムは男女別に用意されており、これはシャンプーやコンディショナーにも言えることです。
薄毛に悩んでいる女性は、女性向けの育毛シャンプーの使用をおすすめします。
使用感が優しくて頭皮を傷つけず、汚れをスッキリと落とすことができます。
それでいて必要な皮脂は残してくれるので、頭皮を乾燥から守ってくれるのです。
乾燥した頭皮は外気や紫外線の影響を受けやすく、抜け毛を増やしやすいのです。
自分に合ったシャンプーを使用することは、育毛剤の浸透を助けるためにも役立ちます。
毛根に育毛成分を届けるためには、頭皮の毛穴を開かせる必要があるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です